Intesis 製品の最新ニュース

皆さまと共有したい大切なお知らせをお届けします。

HMS 秋の製品リリースで新しい Intesis ソリューションを発表

by Marc Senserrich Campoy | 11 04, 2020
この度、ゲートウェイ製品シリーズから 5 つの自動化ソリューションを発表しました。商業ビルでの効率的な電力消費を実現するために、新たにプロトコル変換ゲートウェイに 2 製品、空調システムインターフェースに 3 製品が加わりました。

システム統合をシンプルかつ確実にお手伝いしながら 20 年、Intesis にとって特別な年である今年、当社スタッフは商業施設内の機器を相互接続する新たなソリューションを開発してきました。

当社製品シリーズをさらに拡充する新しいゲートウェイをご紹介します。

ゲートウェイ製品シリーズより、EtherNet/IP と OCPP の統合を可能とする 2 つの新製品が登場。

  • EtherNet/IP to BACnet. この製品は EtherNet/IP – BACnet プロトコルを変換し、BACnet ネットワークと EtherNet/IP の PLC 間を直接接続することが可能な Factory-to-Building シリーズの 2 番目の製品となります。BACnet 最大 1200 ポイント、EtherNet/IP は I/O データ 500 バイトまでサポートします。
  • OCPP to Modbus. この製品は OCPP と Modbus プロトコルを変換し、 1 台または20 台の OCPP 1.6 準拠の電気自動車用充電スタンドと Modbus RTU または TCP のコントローラーを接続します。Modbus ベースの BMS から OCPP 準拠の EV 充電スタンドのシンプルで効率的なモニタリングと管理が可能になります。

空調(AC)インターフェースより、市場の声により開発された HVAC 統合のための新製品。

  • Fujitsu to KNX インターフェース AC メーカーとの協業により開発された Fujitsu-KNX ゲートウェイは新たに UART コネクターを備えた Fujitsu 製 RAC および VRF ユニットと KNX システム間で双方向通信を実現します。
  • Home Automation Multi-unit AC インターフェース ホームオートメーション用の新しいマルチユニット AC インターフェースはこれまで 1 対 1 の Wi-Fi ソリューションしかなかった WMP シリーズを完成させます。このソリューションは最大 64/128 台の屋内ユニットをあらゆる IP ベースのホームオートメーションシステムに統合します。
  • Midea to BACnet インターフェース この新しい BACnet インターフェースは Midea Commercial & VRF システム向けの(最新のMidea V6 および V6i ラインと互換性有)製品シリーズを拡充するものです。これまでの KNX や Modbus 向けの 1:1 ソリューションに加え BACnet 設備への統合も可能になります。

先月当社は、IntesisHome 製品を Domestic、Commercial、Professional ユースの空調ライン向けの IoT マネジメントソリューションとして AC Cloud Control へと名称変更いたしました。

商業ビルでの統合をシンプルで確実に実現するために、当社はお客様のオートメーションプロジェクト向上をお手伝いする製品を引き続き開発してまいります。